• インターネット放送を聴くにはここをクリック!
  • iPhoneで番組を聴くためには

ジェイ・アール生鮮市場お弁当大図鑑

  • 最新のレシピ
  • 過去のレシピ

<< 前へ戻る

もやしとひき肉の春雨炒め(9月13日放送分)

2010.09.15

【食材歳時記】《さんま》

昔から秋の健康食とされ、広く愛され続けているさんま。

今年は4割減とも言われている不漁です。

通年の“安くて美味しいね”は決して当たり前ではない、

と改めて思い知らされますね。

大切な命、資源、美味しくありがたく頂きましょう。

 

 

たんぱく質、脂質ともに他の魚より多く含まれていて、

貧血効果のあるビタミンB12も(動物のレバーなみ!)。

さんまのビタミンAはルチノールといい、皮膚、

粘膜を丈夫にする働き、そして眼精疲労を防ぎます。

ビタミンDの含有率は大きめの一尾ですと、

一日の必要摂取量をとれる程です。

石川ワンポイント

○下ごしらえ→さっと洗いキッチンペーパーで水気をとる

○塩をふる時は30cm上から

○選ぶ時は新鮮、脂はのっていたい!

全体にピカピカ光沢がある。ハリがあり口先は黄色。

尾の付け根は黄色で膨らんでいる。

お腹部分は銀色キラキラと光っているもの→選びましょう。

お刺身、塩焼きはお馴染みですが、

梅ぼしをくわえてさっぱり味の和風煮物にしたり、

油でこんがり焼いてからトマトソースで煮込んだり、

しょうゆと酒とおろししょうがで下味をつけ、

ゴマをまぶしてカラッと揚げたり、

大根と一緒に甘酢漬け・・

新鮮なうちにサラダ、カルパッチョ・・も。

【ベルレシピ虎の巻】

「とんこつベース「華味みそ味」を使った

「もやしとひき肉の春雨炒め」の作り方。

材料(2人分) ※お好みでしょうがを添えても、美味しいですね。

●豚ひき肉 70g 

●もやし 1袋(200g・ひげ根はとる) 

●春雨 25g 

●きくらげ(乾燥)2g(水戻し→大きければ切る)

●ごま油 大さじ1 

●片栗粉 小さじ1(水大さじ1で溶いておく) 

●お湯 1/2カップ(100ml) 

とんこつベース 1本(20g)

華味みそ味 大さじ1と1/2

 

作り方

 

 (1)春雨は熱湯に5分つけ戻し、10cm長さに切る。

華味みそ味とんこつベースは,

湯1/2カップ(100ml)で溶いておき、

(2)フライパンにごま油を熱して、ひき肉をほぐしながら炒め、

色が変わったらもやしときくらげを入れて、

全体に油がまわるまで炒める

(3)さらに(1)の春雨と湯溶きの調味料を加えて煮立て、

水溶き片栗粉でとろみをつけて、できあがり。 

 


≪石川純子の献立「さんまの蒲焼き≫※蒲焼き、手作りしちゃいます。

 材料:2人分

 ●さんま 2尾
(100gくらい) 
●小麦粉 適量 
●調味料→
しょう油 大さじ1、
みりん 大さじ1、
砂糖 大さじ1/2、
酒 大さじ1/2 

作り方: 

 

(1)さんまは3枚に、

おろしたものを、

食べやすい大きさに切る

(2)(1)にうすく,

小麦粉をつける

(3)フライパンにサラダ油を

ひき、身の方から焼く。

火が通ったら一度取り出す

(4)フライパンを,

キレイにして魚を一度だし、

調味料を入れて煮立たせ、

そこへ魚を戻し、

からめてできあがり。

 

                                                     

このページの先頭へ

  • 北海道日本ハムファイターズ 金子誠の週刊マック
  • クラブオフィシャル番組 レディオコンサドーレ
  • 遠藤乾のフライデースピーカーズ
三角山おすすめコンテンツ
  • 医学ひとくち講座
  • サツベン放送局
  • ジェイ・アール生鮮市場お弁当大図鑑
  • 三角山放送局スライドショー
  • 田島美保 ぐうたび三角山放送局ブログ
  • 木原くみこ ラジオなアタシ