• インターネット放送を聴くにはここをクリック!
  • iPhoneで番組を聴くためには

ジェイ・アール生鮮市場お弁当大図鑑

  • 最新のレシピ
  • 過去のレシピ

<< 前へ戻る

中華がゆ(7月19日放送分)

2010.07.17

【食材歳時記】《もずく》

世界でもっとも多く海藻を食べているといわれる日本人。

古代からお馴染みです。わかめ、こんぶと同じ、

海藻の一種ですが、特に栄養素に優れている,

 といわれている、もずくは、フコイダンがたっぷり。

食べ方は?市販の酢で味付けしたのはお馴染みですが、

ご家庭でもいろいろ楽しめます。スープ、お茶漬け。

ちらし寿司の影の立役者。冷奴のトッピング。

トッピングなら洋風にも。ピザ、アボガドサラダ、

ホットサンド、パスタにキッシュ。

友人はサンドウィッチ、お好み焼きにも入れるんですって。

石川ワンポイント→○雑炊などにも合います

○他の海藻に巻きついているもずくです

○細い糸状で太さは1mm以内、全長は30~80cmにも!

○水分は多い○毎日食べてより健康的に

○揚げ物にもおすめですよ。

【ベルレシピ虎の巻】

「華味しお味」を使った

「中華がゆ」の作り方。

材料(2人分) ※夏かぜ、ひいちゃったら・・

●お米 1合 

●えび 6尾 

●絹さや 10枚 

●きくらげ 大さじ1 

●ごま油 大さじ1/2 

●華味しお味 大さじ1 

●塩 適量

 

作り方

 

(1)お米はよ~く、水にうるかしておく

(よく吸水させると柔らかく、ほっくりと炊ける)

(2)米の水気をきって鍋に入れ、水1ℓ(5カップ)と、

華味しお味大さじ1を加えて中火にかけ、

煮立ったら炊きこぼれない程度にフタをずらしてのせ、

弱火でコトコト煮込む

(3)お粥を炊いている間に具の準備をする。

絹さや→スジを取り、斜め半分に切る。

きくらげ→たっぷりの水につけ石づきを取る(

大きければちぎる)

えび→殻をむき、背ワタをとり、大さじ1/2のごま油で、

サッと炒めておく

(4)お粥はときどき混ぜながら、全体がとろりとするまで、

40分ほど炊き、えび、絹さや、きくらげを加えて、

火が通ったらできあがり。

≪石川純子の献立「豆腐のうま煮≫※お客様の時には、よく作っています。

 

 材料:1人分

 ●絹ごし豆腐 1丁 

●ささみ 3本 

●しめじ 1パック 

●ブロッコリー 1株 

●片栗粉 適量 

スープ→

●水 1と1/2カップ、

そこへ、

丸鶏使用ガラスープ1本

仲間入りです。 

調味料→しょうゆ、

みりん 各小さじ1 

●酒 大さじ1

作り方: 

 

(1)ささみはそぎ切り、

ブロッコリーは茹でておく

(2)鍋にサラダ油をひいて、

ささみとしめじを炒める

(3)スープと調味料を加えて、

2~3分煮たら、片栗粉で

とろみをつける

(4)そぎ切りした豆腐を加える

(5)器に盛り、最後に

ブロッコリーを飾ったら

できあがり。 

 

                                       

このページの先頭へ

  • 北海道日本ハムファイターズ 金子誠の週刊マック
  • クラブオフィシャル番組 レディオコンサドーレ
  • 遠藤乾のフライデースピーカーズ
三角山おすすめコンテンツ
  • 医学ひとくち講座
  • サツベン放送局
  • ジェイ・アール生鮮市場お弁当大図鑑
  • 三角山放送局スライドショー
  • 田島美保 ぐうたび三角山放送局ブログ
  • 木原くみこ ラジオなアタシ