• インターネット放送を聴くにはここをクリック!
  • iPhoneで番組を聴くためには

ジェイ・アール生鮮市場お弁当大図鑑

  • 最新のレシピ
  • 過去のレシピ

<< 前へ戻る

八宝菜(中華丼) (5月17日放送分)

2010.05.19

【食材歳時記】《アスパラガス》

冬の間、土の中でぐ~と栄養を蓄え、うぉ~と元気いっぱい

顔を出します。一日に10cm近く伸びるとか。

名前の由来、アスパラギン酸を多く含むので新陳代謝活発、

疲労緩和。さっと炒める、茹でる→簡単調理!で美味しいのも、

疲労を和らげてくれますね。

 茹でてバターを乗せると美味しい。塩・コショウ炒め。

細いアスパラなら、めんつゆに一晩つけてみて。

翌朝、びっくりしますよ・・。

肉巻き、ベーコン巻き。それをスープで煮込んでも美味しい。

細く切り少しの塩でご飯と炊き上げたらアスパラご飯。

シンプルにフライパンで蒸しても美味ですよ。

石川ポイント→○太くまっすぐ先端が密着している
○太い、細いは、味に変わりなし
○保存はラップにくるんで立てて保存(立っている野菜は
上下関係覚えています)○茹でるコツ→沸騰したお湯に2%くらいの
塩を入れる。茹で上がり後は冷水で冷まして、色止めする。


【ベルレシピ虎の巻】

「華味しお味」を使った

「八宝菜(中華丼)」の作り方。

材料(2人分) ※野菜たっぷり。アスパラも仲間に入れてみても・・

●豚肉 40g(一口大に切る) 

●白菜 100g(一口大のそぎ切り) 

●たけのこ(水煮) 40g(1/4本・薄切り) 

●にんじん 30g(1/4本・半月切り) 

●絹さや 20g(約10個) 

●きくらげ(乾) 2.5g(水にもどしておく) 

●うずら卵 50g(約6個) 

●シーフードミックス 60g 

●サラダ油 13g(大さじ1) 

●湯 200ml(1カップ) 

●片栗粉(大さじ1)→といておく 

●水 大さじ1→とろみ 

●華味しお味 12g(大さじ2)→溶いておく

 

作り方

(1)華味しお味を湯で溶いておく

(2)フライパンにサラダ油を熱して豚肉を炒め、シーフードミックスと

にんじんも加えてよく炒める

(3)全体に火が通ったら、白菜、たけのこ、きくらげの順に加えて炒め、

最後に絹さやも入れ、さっと炒めあわせる

(4)とうずらの卵を加えて一煮立ちしたら、水で溶いた片栗粉を加え、

手早く混ぜて全体にとろみをつけて、できあがり。

 

※華味しお味は、野菜や肉のエキスがぎゅぅ~と詰まっているので、

お湯で溶いて味付けして、とろみをつけるだけで、本当に美味しいです。

いろいろ調味料を合わせる手間いらずなんです。簡単~。


≪石川純子の献立「アスパラとにんじんの肉巻き
※肉巻きは、ファンが多いですよね

材料:1人分

1人分?好みで加減してね: 
豚肉うす切り肉1枚に対して→
●アスパラ 10cm 
●にんじん 10cm 
●調味料→しょうゆ、みりん お好みの量で。←お好みその(2)(少々?)
 

作り方: 

(1)グリーンアスパラとにんじんは、

スティック状に切り茹でる

(お肉の幅に合わせる、目安5cm)

(2)薄切り肉に野菜を置いて巻く

(3)合わせ目を下にして、フライパンに

並べ焼く

(4)頃合をみて調味料で味付けして、

できあがり。

 

※お肉の幅に合わせて野菜の長さを

調整します。

飛び出しても、これまた楽しい。

                       

このページの先頭へ

  • 北海道日本ハムファイターズ 金子誠の週刊マック
  • クラブオフィシャル番組 レディオコンサドーレ
  • 遠藤乾のフライデースピーカーズ
三角山おすすめコンテンツ
  • 医学ひとくち講座
  • サツベン放送局
  • ジェイ・アール生鮮市場お弁当大図鑑
  • 三角山放送局スライドショー
  • 田島美保 ぐうたび三角山放送局ブログ
  • 木原くみこ ラジオなアタシ