• インターネット放送を聴くにはここをクリック!
  • iPhoneで番組を聴くためには

ジェイ・アール生鮮市場お弁当大図鑑

  • 最新のレシピ
  • 過去のレシピ

<< 前へ戻る

「大根とホタテのサラダ」

2007.07.17

 【食材歳時記】《青じそ》
しそには、赤しそ、青しそがあります。 香りのよさと色合いで使い分けがあるようです。青しそは別名「大葉」ともいいますね。
しその葉は他の野菜より、栄養価が高くビタミンA・ビタミンCが豊富です、特にビタミンAは野菜の中ではトップクラス。≪ビタミンA(ベータカロチン)は、油を使うと身体への吸収率アップ≫しますので、魚のフライ、天ぷらには青じそを巻くと、香り効果で臭みもとれますし、ベータカロチンの吸収も良くなり、まさに一石二鳥。
体内でEPA(エイコサペンタエン酸)に変化するα−リノレン酸は、アトピー性皮膚炎、花粉症などアレルギー症状緩和にお役立ち。
香り成分はペリルアルデヒド、リモネン、ピネン。抗菌作用、防腐作用があります。消化酵素の分泌を良くし整腸作用もあるのです。
千切りのコツ⇒葉の軸を三角に切り落とし、端からくるくると巻いてから細く細く切ると、きれいな千切りのできあがり。水にさらしてあくをとってからしっかりとしぼって薬味に使いましょう。
体内では作ることができない必須アミノ酸「トリプトファン」が多いので、この成分が少ないとうもろこしと組み合わせると効果的!
紫(ゆかり)の語源・・・梅干と一緒に漬けたり、塩漬けにした赤じその葉を乾燥させ、刻んで粉末にしたものを「ゆかり」といいますね。この語源は、赤じその紫色を、「縁(ゆかり)の色」と詠んだことに由来しています。古今集に「紫(むらさき)の 1本(ひともと)ゆゑに 武蔵野の 草は 皆(みな)がら あはれとぞ見る」という詠み人知らずのうたがあります。そのままの意味は≪この美しい紫の一本の草があるために、武蔵野周辺の草がみんないとおしく感じてしまうのだ≫となりますが、解釈すると≪わたしが親しく愛する人ゆえに、その人にゆかりのある人はみんな、格別に親しく感じられるなあ≫という、熱烈な愛の歌でありました。この歌から紫色は縁(ゆかり)の色といわれるようになったそうです。

 

【ベルレシピ虎の巻】
ごま冷しラーメンスープ」を使った「大根とホタテのサラダ」
材料(2人分)
  • 大根5cm
  • ラディッシュ2個
  • 青じそ5枚
  • ホタテの貝柱の水煮缶1缶
作り方
  1. 野菜は切って水にさらしておく。
  2. ホタテはざっとほぐしておく。
  3. 野菜をざるにあけ、よく水気を切ってボウルに入れ、そこへホタテと「ごま冷しラーメンスープ」1/4カップを加え手早く混ぜたらできあがり。


≪石川純子の「アスパラガスのきんぴら」≫

材料

  • アスパラガス細めのもの
  • 醤油
  • かつおぶし

作り方

  1. アスパラは3cmに切り、油をひいたフライパンで炒めます。
  2. 酒としょうゆで味付けをしたらかつお節を少し多めにまぶして火を止めます。
  3. できあがり!

アスパラガスのきんぴら

このページの先頭へ

  • 北海道日本ハムファイターズ 金子誠の週刊マック
  • クラブオフィシャル番組 レディオコンサドーレ
三角山おすすめコンテンツ
  • 医学ひとくち講座
  • 聴いて実践:COOL CHOICEでエコライフ
  • 三角山放送局スライドショー
  • 声を失ってもラジオを続けたい