• インターネット放送を聴くにはここをクリック!
  • iPhoneで番組を聴くためには

番組からのお知らせ

←過去の情報一覧へ戻る

5月7日、5月14日の番組「ピンクリボン in SAPPORO」は

5月7日、5月14日の乳がん検診啓発番組「ピンクリボン in SAPPORO」は・・・

 

 ●5月7日
この番組でもお馴染み、小樽市を拠点に活動しているピンクリボンファミリーの辻井 智珠さんにお電話でご出演いただきました。

辻井さんと乳がん経験者4名で11年前に立ち上げ、現在は、後志、札幌在住の方でサバイバーや家族など計10名ほどで活動しています。主にウイングベイ小樽で毎年母の日と10月に啓発イベントを開催したり病院の患者サロンなどに参加しています。


また、小樽でがんを経験されたシンガー杉浦貴之さんのライブを開催したのをきっかけに、ピンクリボンに限らず、他のがんや病気を経験された方ともがん治っちゃったよ協会という会にも参加し、主に笑いヨガを通して交流しています。

20190425辻井さまWEB.jpgのサムネール画像
 

辻井さんからは「患者さんは不安と孤独を感じている方が多いです。自分の経験を活かしてこれからもできる限り患者会に参加して一人でも多くの患者さんに寄り添えたらと思います」とお話いただきました。

【日本がん治っちゃったよ協会 ブログ】
https://ameblo.jp/gannao8686/

 

 

 

●5月14日
三角山放送局土曜リレーエッセイでも番組を放送中、NPO法人札幌チャレンジドより理事長の加納尚明さんにお話を伺いました。

札幌チャレンジドは障がいをお持ちの方がITを通して、「マザル・ハタラク・拓き合う」を合言葉にさまざまな方の雇用と就労支援を行っています。
現在は身体障がいや精神発達、難病など、さまざまな障がいをお持ちの方30名がメンバーとして一般企業から請けたITお仕事を行っています。

加納さんはご自身が出会った様々な市民団体の活動をサポートする活動も行っておりこの度、「新型コロナウイルスの親子への影響に対する支援のお願い」緊急要望を札幌市に提出しました。この提言は自粛によって職を失った家庭への経済面の支援や家庭内暴力を支援してほしいという要望で子育て支援をしている市民団体から声が上がり、自分でも何かできることはないかと思い実施しました。市民団体76団体の署名をいただき5月14日に提出しました。

20200514加納さまWEB.png

加納さんからは「要望というと一方的なイメージですが、決してそうではなく今回の提言により市民団体が活動しやすい環境にもつながればと思います。市民団体にしかできない支援の形もあります」とお話をいただきました。


【NPO法人札幌チャレンジド ホームページ】
http://s-challenged.jp/

 

がん啓発番組≪ピンクリボンin SAPPORO≫
放送日時:毎週木曜日11:00~11:20
出演:堺なおこ
提供:サミットインターナショナル

 

このページの先頭へ

  • 北海道日本ハムファイターズ 金子誠の週刊マック
  • クラブオフィシャル番組 レディオコンサドーレ
三角山おすすめコンテンツ
  • 医学ひとくち講座
  • 聴いて実践:COOL CHOICEでエコライフ
  • 三角山放送局スライドショー
  • 声を失ってもラジオを続けたい