• インターネット放送を聴くにはここをクリック!
  • iPhoneで番組を聴くためには

番組からのお知らせ

←過去の情報一覧へ戻る

特集のお知らせ『声を失ってもラジオを続けたい~ALS患者のパーソナリティ米沢和也さんの挑戦~』

この度、三角山放送局では、
特集『声を失ってもラジオを続けたい~ALS患者のパーソナリティ米沢和也さんの挑戦~』を
制作・放送することになりました。
是非、お聴きください。

■番組名:「声を失ってもラジオを続けたい
     ~ALS患者のパーソナリティ米沢和也さんの挑戦~」

■放送日:2017年2月3日(金)15時~16時

■内容:
全身の筋肉が動かなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の米沢和也さん(58才)は、
三角山放送局の番組「ALSのたわごと」のパーソナリティです。
番組は2015年6月にスタートしました。(毎月第4土曜日の13時~14時)
ALS発症後2年を経過していましたが、舌の筋肉が衰えてきて多少舌足らずになるくらいで、
ラジオで話すことにはさほど問題無い状況でした。
しかし、ALSは病状が進むと話すことは困難になってきます。
米沢さんは、声を失っても自分の声で意思を伝達することができないかを探り始めました。
1年後、病状はさらに進み、呼吸が困難になってきます。呼吸器をつけて生きるか、
それともつけないか・・・米沢さんは悩みますが、ついに決心しラジオで語ります。
現在、呼吸器をつける選択をした米沢さんは声を失いましたが、
視線入力の意思伝達装置と自分の声を再生するソフトで、
放送を続けることができています。

この番組は、声を失ってもラジオから語り続ける米沢和也さんと「チームたわごと」の
面々の2年に渡る挑戦の記録です。

「チームたわごと」
米沢和也 米沢晴美 
iCareほっかいどう 佐藤美由紀
㈱ヒューマンテクノシステム東京 渡辺聡
三角山放送局 木原くみこ 田島美穂
 

■三角山放送局 FM76.2MHzインターネット・スマートフォンでも聴取可能
三角山放送局のホームページ(http://www.sankakuyama.co.jp)内の
『インターネット放送を聴くには』をクリックすれば聴くことが出来ます。

下記、サイトからも三角山放送局が聴取可能です。
◎インターネット…サイマルラジオ(http://simulradio.info/)
◎Listen Radio(http://listenradio.jp/)
◎スマートフォン…Listen Radioアプリ、iコミュラジアプリ

 ■番組「ALSのたわごと」とは
2015年6月にスタートした、筋委縮性側索硬化症(ALS)患者の米沢和也さんの番組。
ALSは、全身の筋肉が徐々に動きにくくなる難病。口や喉の筋肉に障害が現れると
うまくしゃべれなくなり、悪化した場合、人工呼吸器を付けるために喉の切開をして
声を失う恐れもあります。ALS患者である米沢さんは、番組を通じて、
ALSの病気について、自身の思いなどを発信してきました。

番組には、ALS患者の米沢和也さんのほか、サポートとして
NPO法人「iCare(アイケア)ほっかいどう」の佐藤美由紀さんが出演。
毎月1回1時間の番組を担当しています。

IMG_8514.JPG

このページの先頭へ

  • 北海道日本ハムファイターズ 金子誠の週刊マック
  • クラブオフィシャル番組 レディオコンサドーレ
  • 遠藤乾のフライデースピーカーズ
三角山おすすめコンテンツ
  • 医学ひとくち講座
  • サツベン放送局
  • ジェイ・アール生鮮市場お弁当大図鑑
  • 三角山放送局スライドショー
  • 田島美保 ぐうたび三角山放送局ブログ
  • 木原くみこ ラジオなアタシ