• インターネット放送を聴くにはここをクリック!
  • iPhoneで番組を聴くためには

イベント情報

←過去の情報一覧へ戻る

11月16日(日)「北国の風景 ゆかりの音をたずねて」コンサートのお知らせ

国立(くにたち)音楽(おんがく)大学(だいがく)の卒業生による音楽集団、
mamma(マンマ) dou(ドゥ)-dou(ドゥ)主催、

「北国の風景ゆかりの音をたずねて」が、
11月16日、日曜日、レンガの館ホールで開催されます。

北海道の大切な文化「アイヌ」と、北海道が生んだ偉大な作曲家「伊福部昭(いふくべあきら)」にまつわる音楽を中心としたコンサートです。

アイヌの歌い手、床(とこ) 絵(え)美(み)さん、郷(ごう)右近(うこん) 富貴子(ふきこ)さんを迎えて、アイヌ伝承の歌や、口で鳴らす琴と書いて、“口琴(こうきん)”の一種ムックリの演奏、さらには樺太アイヌの伝統的な弦楽器トンコリの演奏もあります。

今年生誕100年の作曲家、伊福部昭。有名な「ゴジラ」の映画音楽をはじめ、オーケストラ、室内楽曲、ピアノ組曲、バレエ音楽、合唱曲など、多彩な作品を数多く残し、音楽界に大きな功績を残しました。

伊福部さんは、アイヌやギリヤークといった北方民族に思いを馳せた作品も数多く残しています。今回は「ギリヤーク族の古き吟誦歌(ぎんしょうか)」「サハリン島先住民の三つの揺籠歌(ようらんか・ゆりかごうた)」などを予定しています。

他にも伊福部さんが影響を受けた、フランスの作曲家、サティの「ジムノペディ」や、ラヴェルの「亡き王女のパヴァーヌ」もプログラムに入っています。

出演は札幌交響楽団首席ファゴット奏者、坂口聡(さかぐちさとる)さん、ソプラノの藤本明日香(ふじもとあすか)さん、ほかのみなさん総勢10名の出演者でお楽しみいただきます。フルートの出塚麻衣(でづかまい)さんは、9月にフランス留学から帰国したばかりだそうです。

11月16日の日曜日、JR琴似駅北側、
レンガの館ホールにて、
午後2時開演です。
前売券は2,000円にて、三角山放送局にて発売中です。

三角山放送局011-640-3330まで、
ご予約お申し込み、お待ちしております。

このページの先頭へ

  • 北海道日本ハムファイターズ 金子誠の週刊マック
  • クラブオフィシャル番組 レディオコンサドーレ
  • 遠藤乾のフライデースピーカーズ
三角山おすすめコンテンツ
  • 医学ひとくち講座
  • サツベン放送局
  • ジェイ・アール生鮮市場お弁当大図鑑
  • 三角山放送局スライドショー
  • 田島美保 ぐうたび三角山放送局ブログ
  • 木原くみこ ラジオなアタシ