• インターネット放送を聴くにはここをクリック!
  • iPhoneで番組を聴くためには

イベント情報

←過去の情報一覧へ戻る

秋吉敏子ピアノトリオ ホワイトロックに登場!

サッポロ・シティ・ジャズがいよいよ開幕!
オープニングは世界的ジャズピアニスト・秋吉敏子のステージ 

 札幌の街がジャズ一色になる、SAPPORO CITY JAZZ。
7月19日(土)に、大通公園2丁目の特設ドーム「ホワイトロック」で
行われた前夜祭には、日本人で初めてジャズマスターズ賞を受賞
した秋吉敏子が、ニューヨークから率いてきたメンバーとともに登場。
 また、このコンサートの前に行われたオープニングセレモニーでは、
札幌ジュニアジャズオーケストラが、秋吉さんの作品であり代表曲の
「Long Yellow Load」を、秋吉さん自身の指揮で演奏。

秋吉敏子×札幌ジュニアジャズオーケストラ

(秋吉敏子さんと札幌ジュニアジャズオケのリハーサル風景)

本番前のリハーサルでは、この難曲を全力で演奏している
オケのメンバーに対し、熱心に指導する秋吉さんの姿が。
また、秋吉さんを目の前にして緊張している中学生達に、
リラックスするように優しく声をかけるなど、世代を超えた
ジャズミュージシャン同士の交流がありました。


 夜7時、いよいよ秋吉敏子ピアノトリオのコンサートがスタート。
いつもは、必ず「LONG TELLOW LOAD」の演奏で始まる秋吉さんの
コンサートですが、今回は、セレモニーで札幌ジュニアジャズオーケストラが
演奏したため、「Elegy」からスタート。その後も、「SUMIE」、「FEAST IN MILANO」、
「Drum Conference」などの秋吉さんの曲をはじめ、女性ファンに人気の高い
「星に願いを」など、秋吉ワールドがホワイトロックを包みます。
 第2部の最初にはリクエストに答えて、急遽「LONG YELLOW LOAD」を演奏。
その瞬間、客席からは大きな拍手が起こりました。

秋吉敏子トリオ from NEW YORK

秋吉敏子ピアノトリオ(Bass:PAUL GILL  Drums:MARK TAYLOR)

 約2時間のコンサートの最後は、鳴り止まない拍手に応えて
「HOPE」と「TEN TEN」を
演奏。
札幌の街をジャズで染め上げるイベントのオープニングを飾るにふさわしいステージ
を魅せてくれた
メンバーも、「とてもniceなステージだった」と笑顔。
 こうして、札幌のジャズファンを魅了したステージは幕を閉じました。


このコンサートの模様は、
7月29日(火) 15:30~17:00
三角山放送局にてお送りいたします。
ぜひ、お楽しみに!

このページの先頭へ

  • 北海道日本ハムファイターズ 金子誠の週刊マック
  • クラブオフィシャル番組 レディオコンサドーレ
  • 遠藤乾のフライデースピーカーズ
三角山おすすめコンテンツ
  • 医学ひとくち講座
  • サツベン放送局
  • ジェイ・アール生鮮市場お弁当大図鑑
  • 三角山放送局スライドショー
  • 田島美保 ぐうたび三角山放送局ブログ
  • 木原くみこ ラジオなアタシ